PR

ライフ ライフ

商業捕鯨、再開は釧路拠点 沿岸操業、7月1日から

 日本政府の国際捕鯨委員会(IWC)脱退に伴う商業捕鯨再開で、沿岸の小型捕鯨船の事業者らが北海道釧路市を拠点に、計5隻で7月1日から操業する見通しであることが7日、関係者への取材で分かった。

 対象のミンククジラの回遊状況や、調査捕鯨の拠点としてクジラの解体場があることから、釧路市か青森県八戸市を初日の出港地として検討。捕鯨事業者らは釧路を初日の拠点にして、出港式も行う方向で関係機関と最終調整している。

 捕鯨船は6月1日から網走港を拠点に最後の調査捕鯨を行っている網走市や宮城県石巻市、千葉県南房総市、和歌山県太地町の6事業者の5隻。釧路で1週間程度操業した後、それぞれ8月末ごろまで千葉県の南房総沖などでツチクジラ漁を実施。9月に再び釧路に集まり、10月までミンククジラを捕獲する予定だ。

 鯨肉は日本小型捕鯨協会を通じて共同で販売し、利益を各事業者で分配する。水産庁が判断する捕獲枠は決まっていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ