PR

ライフ ライフ

お好み焼体験人気 広島「オコスタ」来場者1万人

来場者1万人目となった永瀬開さん(中央)と家族=広島市南区
来場者1万人目となった永瀬開さん(中央)と家族=広島市南区

 JR広島駅北口にあるお好み焼き体験スタジオ「OKOSTA(オコスタ)」(広島市南区)の来場者が1万人を突破した。昨年10月にオープンして以来、約8カ月での達成。旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」で紹介されたこともあり、外国人観光客の来場も増えているという。

 記念すべき1万人目の来場者は、米カンザス州の高校生、永瀬開(かい)さん(16)。母親の悦子さん(48)、弟の憲(けん)さん(11)と一緒に訪れ、店舗関係者からの祝福に驚いた様子。くす玉が割られ、花束と記念品が贈呈された。

 開さんは、母親の地元・大阪から広島に観光旅行に来ており、「お好み焼きが体験できる」と聞いて訪れたといい、「突然のことでビックリしました。この後は、原爆ドーム(広島市中区)や宮島(広島県廿日市市)を訪れる予定です」と話していた。

 オコスタは、オタフクソース(広島市西区)が運営しており、講師の指導のもと最大40人が本格的なお好み焼き作りが体験できる施設。春名陽介店長は「ゴールデンウイークは1日平均100人以上が訪れるなど、順調です。特に今春頃から外国人の来場者が増えました」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ