PR

ライフ ライフ

腸内細菌で大腸がんを早期診断 大阪大など健診に応用へ

 日本人のがんで最も多い大腸がんの発症に関わる腸内細菌を特定したと、大阪大などの研究チームが米専門誌電子版で7日、発表した。患者の便に含まれる細菌の遺伝子を解析した。患者の負担が軽く、精度の高いがん診断に応用でき、早期治療につながるという。

 チームは、国立がん研究センター中央病院(東京)で大腸の内視鏡検査を受診した616人の便を分析。発症から間もない早期がんと診断された140人の腸内では、硫化水素の生成に関わる細菌などが顕著に増えていることが分かった。

 これが大腸がんの原因なのか結果なのかは不明だが、健常者やがんが進行した患者では見られず、がんの発症と関連があると結論づけた。

 早期がんの腸内は、脂肪吸収を助ける二次胆汁酸の一種や、イソロイシンなど数種類のアミノ酸が多いことも判明。これらの物質や細菌の状態を便で調べれば、早期に治療を開始できるという。

 検査は内視鏡より簡単で患者の負担が軽い。症状が進んだときの出血を調べる便潜血検査と併用すれば、早期がんの見落としが減り診断の精度が向上する。腸内環境を把握し改善に役立てれば予防につながる可能性もあるとしている。

 谷内田(やちだ)真一大阪大教授は「新たながん治療や予防法の開発が期待される。将来は、企業などで行われる健康診断の検便に使えるような、手軽な検査キットを開発したい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ