PR

ライフ ライフ

【書評】『電鉄は聖地をめざす 都市と鉄道の日本近代史』鈴木勇一郎著 草創期の通説覆す読み物

『電鉄は聖地をめざす 都市と鉄道の日本近代史』鈴木勇一郎著
『電鉄は聖地をめざす 都市と鉄道の日本近代史』鈴木勇一郎著

 近代における東京や大阪など大都市の形成には、私鉄草創期の経営者による総合的な沿線開発が大きく寄与した、というストーリーは広く知られている。阪急電鉄の小林一三はその代表例とされる。

 だが、そもそも会社がサラリーマンに給与とは別の通勤手当を支給する仕組みが定着したのは戦後のこと。職住接近が一般的だった戦前は、通勤費は自己負担が通例だった。

 著者は、戦前の大都市の私鉄群を電鉄と総称したうえで、そんな時代に電鉄が通勤客を見込んで郊外の沿線に宅地開発を進めたという従来の通説に疑問を抱いた。そして、「最初から住宅地開発と通勤通学輸送を前面に打ち出して登場した電鉄はほぼなかった」と断定し、その大半は実際には社寺参詣を初期の目的としていたと指摘する。

 本書は、そのことを裏付ける路線や関係社寺の事情を丁寧に掘り下げている。そこからは、近代日本の都市形成と鉄道の相関関係において宗教が果たした役割の大きさ、多様さがうかがえる。

 社寺参詣といっても、参拝者すべてが純粋な信仰心の発露のみによって境内に足を運ぶわけではない。参詣は大義名分で実態は遊興そのものというのは、江戸時代のおかげ参りから昭和初期までの外地戦跡巡りに至るまで、各時代で見られる現象だ。

 本書によれば、明治維新後の廃仏毀釈(きしゃく)などで苦境にあった寺院の一部は、近隣に公園や温泉、演芸場を整備するなどのたくましい経営努力を重ねた。敷地内に競馬場を開設した例もあった。そうして増加した参詣客の需要に応える形で鉄道路線が建設され、発達していったのだという。

 馬券目当てに寺院を訪れる客が増えたり、「金もうけは電車に限る」と言い放つ実業家が経営に参画したり、寺社近隣に遊郭を中心とする特殊歓楽街が進出を図ったり、といったエピソードが豊富に織り込まれているのも目を引く。敬虔(けいけん)な信仰の世界とは対照的な世俗感にあふれ、それがかえって人間的なリアリティーを感じさせ、本書の読み物としての楽しさを倍加させている。(講談社選書メチエ・1650円+税)

 評・小牟田哲彦(作家)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ