PR

ライフ ライフ

皇室の装い(上) 受け継がれる「皇后のティアラ」

皇后さまが即位の儀式で身につけられたティアラ。歴代皇后に受け継がれてきた「皇后の第一ティアラ」とみられる=1日、皇居・半蔵門(飯田英男撮影)
皇后さまが即位の儀式で身につけられたティアラ。歴代皇后に受け継がれてきた「皇后の第一ティアラ」とみられる=1日、皇居・半蔵門(飯田英男撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 ご即位からまもなく1カ月。天皇、皇后両陛下は6月9日には、26回目の結婚記念日も迎えられる。即位をきっかけに皇后さまの華麗な装いにも、改めて注目が集まっている。5月1日の即位の儀式で着けられたティアラ、儀式ごとに変わったドレス、古式ゆかしい十二単(じゅうにひとえ)…。世代を超えて大切に受け継ぐという尊い営みと、装いに秘められた皇室のトリビアを今日と明日(31日)の2回にわけて紹介する。

 華麗に、それでいて上品に。象徴的に皇后さまの威厳と品格をたたえるティアラ(宝冠)。日本の皇室では、皇位継承とともに、その后(きさき)である皇后や皇太子妃に、それぞれ伝統的なデザインが受け継がれてきている。

◆起源は130年前に

 5月1日、宮中儀式に臨まれた皇后さまの頭上でひと際輝いていたのは、歴代皇后に受け継がれる複数のティアラの中で、「皇后の第一ティアラ」などと呼ばれる最も由緒あるティアラとされる。

 皇室の歴史とファッションに詳しい大東文化大の青木淳子特任准教授によると、このティアラの起源は約130年前に遡(さかのぼ)る。

 明治19年、西洋化を進めることで近代化を目指す欧化政策の中で、宮中における女子の正式な服装が洋装と定められた。そのころ撮影された明治天皇の后、昭憲(しょうけん)皇太后のお写真のティアラと、皇后さまが1日に身につけられていたティアラは「デザインが酷似している」(青木氏)という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ