PR

ライフ ライフ

【夜間中学はいま】四国に公立を 高知の挑戦

 ただ、まだ具体的な設置場所や設置主体は決まっておらず、県教委は「市町村と協議し今年度中に固めたい」としている。昨年11月から始めた体験学校は、今秋までに18カ所で実施する計画で、県教委はこれを通じ、入学希望者のニーズの把握や、夜間中学がどんな場所かを知ってもらう認知度向上に努めるという。

■徳島も2年後開設

 こうした高知県の取り組みは珍しく、同様に公立夜間中学のない自治体などから注目を集める。

 2年後に県立の夜間中学を開設することを決めている徳島県は、4月の体験学校に県教委職員を派遣した。担当者は「夜間中学の認知度を高め、潜在的なニーズの掘り起こしにもつながる」と関心を寄せ、高知と同じく公立夜間中学がない鳥取県の担当者も「高知県の取り組みは、地方の自治体にとって参考になる」と話している。

   ◇    ◇

 「夜間中学」に関する体験談やご意見、ご感想を募集します。

 住所、氏名、年齢、電話番号を明記していただき、郵送の場合は〒556-8661(住所不要)産経新聞大阪社会部「夜間中学取材班」、FAXは06・6633・9740、メールはyachu@sankei.co.jpまでお送り下さい。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ