PR

ライフ ライフ

国内のラッコ8頭に 輸入規制、雄の「草食化」進む

愛くるしいしぐさで人気の神戸市立須磨海浜水族園のラッコ(同園提供)
愛くるしいしぐさで人気の神戸市立須磨海浜水族園のラッコ(同園提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 愛らしいしぐさで人気のラッコが国内の動物園や水族館から姿を消しつつある。26日現在、国内で飼育されているラッコは8頭と、ピーク時の10分の1以下に減少。主な生息地の米国からの輸入が途絶えていることに加え、ラッコの高齢化で繁殖が難しい状況などが背景にあり、関係者は「このままでは近い将来、国内からラッコがいなくなってしまう」と危機感を募らせている。(坂田弘幸)

 神戸市須磨区の市立須磨海浜水族園。水深3・5メートルの大きな水槽で、21歳の雄の「ラッキー」と20歳の雌の「明日花」が寄り添うように泳ぐ。野生のラッコの寿命は15年前後といわれ、2頭は人間の年齢に換算すると80歳を超える。横浜市から訪れていた会社員の竹田瑞穂さん(46)は「しぐさがかわいくて、見ているだけで癒やされる」と笑顔を見せた。

 同園は、昭和62年のリニューアルの目玉としてラッコの飼育を始めた。繁殖にも成功し、平成7年には6頭を飼育していたが、その後は徐々に減少。24年に明日花のお婿さん候補として新潟市水族館マリンピア日本海(同市)からラッキーを迎え入れたものの、繁殖にはつながっていない。

国内のラッコ減少

 国内のラッコは昭和58年に伊豆・三津シーパラダイス(静岡県沼津市)と鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で初めて一般公開された。ぬいぐるみのような愛らしい姿と、貝などをおなかに打ちつけるユニークなしぐさが人気を呼び、ピークの平成6年には全国28施設で122匹が飼育されていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ