PR

ライフ ライフ

映画監督の降旗康男さんが死去 「鉄道員(ぽっぽや)」

中国上海市の映画館に設置された高倉健さん主演の「鉄道員(ぽっぽや)」のパネルにサインする降旗康男監督=2015年6月(共同)
中国上海市の映画館に設置された高倉健さん主演の「鉄道員(ぽっぽや)」のパネルにサインする降旗康男監督=2015年6月(共同)
その他の写真を見る(1/3枚)

 「駅 STATION」「鉄道員(ぽっぽや)」など高倉健さんと組んで数々の秀作を生んだ映画監督の降旗康男(ふるはた・やすお)さんが20日午前9時44分、肺炎のため東京都内で死去した。東映が明らかにした。84歳。長野県出身。葬儀・告別式は生前の遺志により近親者で行った。お別れの会は行わない。喪主は妻典子(のりこ)さん。

 東映東京撮影所に入社し、1966年「非行少女ヨーコ」で監督デビュー。菅原文太さん主演「現代やくざ 与太者の掟」や高倉さん主演の「新網走番外地」シリーズなどを監督した。

 70年代半ばに一度テレビに軸足を移したが、78年の映画「冬の華」以降、「駅 STATION」「あ・うん」「鉄道員(ぽっぽや)」「ホタル」「あなたへ」など、高倉さんと組んで滋味あふれる人間ドラマを紡ぎ出した。他の監督作に「蔵」「赤い月」「憑神」など。

 テレビドラマでは68年から放送された「キイハンター」や、75年の山口百恵さん主演「赤い疑惑」をはじめとする「赤いシリーズ」を手掛けた。

 「鉄道員」で山路ふみ子映画賞、「ホタル」で芸術選奨文部科学大臣賞を受け、2008年に旭日小綬章を受章した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ