PR

ライフ ライフ

5月猛暑で「日傘男子」定着なるか 環境省推奨、百貨店とも連携

 高気圧に覆われて晴れた日本列島は25日、各地でことし一番の暑さとなった。懸念される熱中症対策の一つとして環境者は、日傘の利用を推し進める。実際に体感温度が下がるというデータなどもあり、男性への活用も呼びかけている。政府の方針を受け、全国の百貨店でも男性用が売り出されるなど「日傘男子」の定着に向けた動きも広がる。

 環境省が昨年度行った調査では、日傘を差すことにより、熱中症の起きやすさを示す「暑さ指数」は1~3度程度低減した。また今年度の実験では、日傘は帽子よりも汗の量を約17%減ることも分かったという。

 こうした状況から、同省は日傘の活用を推進。全国の百貨店とも連携し、男性への普及も図る。

 そごう・西武では5月に入り、男性向けの日傘を置き始めた。事前のアンケートでは、男性からは「必要性を感じない」「格好が悪い」といった意見が多かったというが、担当者は「一度手にしてもらえれば、効果を肌で感じられ、意識も変わるのではないか」とみている。

 新宿高島屋は、男性用をすでに40本ほど入荷して備えている。昨年から男性用日傘の問い合わせは増えており、6月には品ぞろえをさらに充実させる予定だという。担当者は「話題になったことで例年よりも種類が豊富になった。機能も良くなってきているので、ぜひ手にとってほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ