PR

ライフ ライフ

あのクジラ料理の老舗「徳家」が閉店へ

「クジラのおかげでいろんな人に会えた」と話す徳家の女将、大西睦子さん=大阪市中央区(柿平博文撮影)
「クジラのおかげでいろんな人に会えた」と話す徳家の女将、大西睦子さん=大阪市中央区(柿平博文撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 クジラ料理の名店として親しまれてきた大阪・千日前の「徳家(とくや)」が25日の営業をもって閉店し、52年の歴史に幕を下ろす。店を切り盛りしてきた女将の大西睦子さん(76)は、鯨食文化の魅力を伝えるとともに、捕鯨の重要性を国内外で訴えてきた。だが後継者がおらず、体の自由がきくうちに店を整理することにしたという。念願だった商業捕鯨の再開が7月に迫る中、「時代の区切り。店も一定の役割を終えた」と考えている。(小泉一敏)

 壁に飾られたクジラのヒゲ。カウンターには和歌山県太地町で行われてきた勇壮な古式捕鯨のタイル絵。約80席ある店内のあちこちに、「鯨」と大書したメニューが置かれている。クジラにまつわる品々に、大西さんの思いがあふれる。

 昭和18年生まれの大西さんにとって、子供時代のクジラの思い出といえば、学校給食だった。日本が戦後の復興へとひた走っていた頃の貴重な栄養源で、週4回はメニューに出てきたが、「硬くて、においも強くてね」と振り返る。

名物のハリハリ鍋
名物のハリハリ鍋
その他の写真を見る(2/4枚)

 かつて母が営んでいた料理店を再興させたいと、夫の実家が黒門市場にある鮮魚店だったこともあり、生まれ育った大阪・ミナミにフグ料理の専門店を開きたいと考えた。だが、ライバル店は多く、目新しさがない。そこで母のアドバイスをもとに選んだのが、主に家庭料理として食べられていた鯨肉だった。

 42年、相合橋筋にクジラ料理専門店「徳家」を開店した。食通をうならせようと試行錯誤を重ねて看板メニューにしたのが、水菜を入れる「ハリハリ鍋」。ご飯のおかずとして甘辛い味付けが一般的だったのを、お酒のアテになるよう薄味の特製スープを作り、高級部位の「尾の身」を使った。「尾の身だけはケチったらあかん」と母に教えられたという。

創業の地で一時「相合橋店」として営業していた徳家の外観(平成3年ごろ)=徳家提供
創業の地で一時「相合橋店」として営業していた徳家の外観(平成3年ごろ)=徳家提供
その他の写真を見る(3/4枚)

 順調に営業が続くと考えていたのが、57年に状況が一変した。国際捕鯨委員会(IWC)が捕鯨の一時中止(モラトリアム)を採択したのだ。流通する鯨肉は激減し、1人前400円で始めたハリハリ鍋も値上げを余儀なくされた。

 思うように鯨肉を仕入れることが困難になるにつれ、クジラ自体が捕れなくなるのではないかという不安が募り、情報収集のため日本捕鯨協会(東京)を訪ねた。「捕鯨を守るために多くの方々が尽力している姿を見て、『私も自分ができることをしっかりやらないと』と思った」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ