PR

ライフ ライフ

【告知】「認識台湾」ガラス乾板写真でたどる近代史

「認識台湾」ガラス乾板写真展
「認識台湾」ガラス乾板写真展

 「光と影は鏡の如く~ガラス乾板写真展」が6月28日まで東京都港区の台北駐日経済文化代表処台湾文化センターで開催しています。

 開催初日の4月12日には日本写真家協会副会長の松本徳彦氏ら70人以上の関係者が出席し、台湾写真の初期の礎を築いた写真家、張清言さんや●(=登におおざと)南光さんら6人の作品を展示。写真技術の進歩とともに、発展を遂げた台湾社会や生活の様相などを紹介しました。

 キュレーターの張蒼松氏は「写真家たちの功績を伝えたい。ガラス乾板や歴史資料を採集する際に覚えた感動を感じてもらえれば」と語りました。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ