PR

ライフ ライフ

元吉本新喜劇座長の木村進さん死去、68歳

木村進さん
木村進さん

 元吉本新喜劇座長で喜劇俳優の木村進(きむら・すすむ)さんが19日午後3時14分、腎不全のため大阪市内の病院で亡くなった。68歳。通夜は21日午後7時、葬儀・告別式は22日午前11時半、大阪市都島区毛馬町2の10の40、都島葬祭コスモール都島で。喪主は妹、龍子(たつこ)さん。

 福岡市出身。父はおばあちゃん役で人気を博した喜劇俳優の二代目博多淡海。高校中退後、父の一座を経て昭和45年に吉本興業に入社、49年に23歳で吉本新喜劇の座長に就任した。

 「イッヒッヒッヒ」と奇声を発するギャグが一世を風靡(ふうび)し、同時に座長についた間寛平さんとのコンビで人気を博した。多くのテレビ番組でも活躍した。

 昭和62年に三代目淡海を襲名。披露公演中の63年に脳内出血で一時重体に。左半身に障害が残ったため新喜劇を退団し、三代目淡海も返上した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ