PR

ライフ ライフ

令和初の褒章670人に 建築家・隈研吾さんら

紫綬褒章受章が決まり心境を語る建築家の隈研吾さん
紫綬褒章受章が決まり心境を語る建築家の隈研吾さん

 政府は「令和」で初となる令和元年春の褒章受章者を20日付で発表した。受章者は670人(うち女性195人)と19団体で、発令は21日。

 学問や芸術分野の業績をたたえる紫綬褒章の受章者は計21人(うち女性2人)。新国立競技場の設計などで知られる建築家の隈研吾(くま・けんご)さん(64)、歌手の石川さゆり(本名・石川絹代)さん(61)、漫才コンビ「オール阪神・巨人」で活動する高田昭徳さん(62)と南出繁さん(67)らが選ばれた。

 危険を顧みず人命を救った人を顕彰する紅綬褒章は1人のみ。ボランティアなど社会奉仕活動が対象の緑綬褒章は19団体と13人(うち女性10人)。その道一筋に励んだ人を表彰する黄綬褒章は187人(うち女性24人)。公共の利益に貢献した人への藍綬褒章を受章したのは448人(うち女性159人)だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ