PR

ライフ ライフ

【書評】『検事の信義』柚月裕子著

『検事の信義』柚月裕子著
『検事の信義』柚月裕子著

 著者の作家デビュー10周年記念作品で短編4編を収める「佐方貞人」シリーズの4作目。「信義を守る」では、検事任官4年目の佐方が認知症だった85歳の母親を殺害した容疑で逮捕された55歳の息子の裁判を担当する。介護疲れからの殺害を自供していたが、佐方は遺体発見から逮捕までの「2時間」に疑問を抱く。再捜査で浮かび上がる息子の意外な素顔は…。

 「自分はまっとうに罪を裁かせる」。佐方が考える検事の責務に満ちた一冊だ。「正義を質(ただ)す」では映画化もされた著者の長編「孤狼の血」の日岡秀一巡査も登場し、ファン心をくすぐる。(KADOKAWA・1500円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ