PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】『天皇・皇后両陛下ご成婚60年記念 宮中 季節のお料理』宮内庁監修

『宮中 季節のお料理』宮内庁監修
『宮中 季節のお料理』宮内庁監修

 皇室の方々が召し上がるお料理については、これまでもさまざまなメディアで取り上げられていますが、本書は実際の宮中のお料理を宮内庁が撮影し、宮内庁の監修で解説を加えた初めての本です。

 平成の天皇・皇后両陛下ご成婚60年を記念して出版された本書で紹介するのは、主に四季折々の年中行事をお祝いされる際、両陛下に供されるお料理で、その数は40以上。なかには王朝時代を彷彿(ほうふつ)させる古式ゆかしい儀式料理もありますが、ひな祭り、端午の節句、十五夜など、わたしたちになじみのあるものも少なくありません。移ろう季節を愛(め)で、時の流れを感じながら、身近な人たちと和やかに過ごす-そんなひとときを、ご多忙な日々のなかで両陛下が大切にされていることが伝わってきます。行事に合わせた御所の座敷飾りやしつらいも初めて公開された写真で、見どころのひとつです。

 両陛下のお食事の調理を担当する宮内庁「大膳課」の料理人たちが、伝統にのっとり、ときに自由なアイデアで生み出すお料理は盛りつけも繊細で美しいもの。詳しいレシピは紹介していませんが、どんな味か想像するのも楽しいのではないでしょうか。

 他にも、御代替わりや皇族のご結婚、園遊会や宮中晩餐(ばんさん)などの特別な行事のお料理、元大膳課主厨長のインタビューも掲載しています。本書のお料理を通して、宮中の文化や伝統と、これを大切にされる両陛下のお心に触れていただきたいと思います。(扶桑社・3000円+税)

 扶桑社「皇室」編集部 中尾千穂

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ