PR

ライフ ライフ

【話題の本】『人生の目的』五木寛之著

『人生の目的』五木寛之著
『人生の目的』五木寛之著

 ■「今求められ」20年ぶり再刊

 半世紀以上にわたって多くの小説やエッセーを発表してきた著者の平成11年のベストセラーを版を改め、今春新書の形で再刊した。

 担当編集者の相馬裕子さんは「過去の名著で、まさに今求められていると思うものでも、手に入りやすい形で置かれていることはまれ。今に通じる普遍的な問いかけをし続けているこの本を、読みやすい形で再刊したいと思った」と出版の経緯を説明する。

 今から40年以上前に実際にあった、父親と幼い息子2人の心中という悲惨な事件を契機に、「闇を照らしていた灯火が小さくなり、光が揺れ、いまにも消えそうにまたたいている」と感じる現代社会について、親鸞らの言葉を引用しながら考察を重ねる。読者からは「気持ちの不安解消になった」などの声が寄せられており、相馬さんは「読者に寄り添って考える文章が、読む人の心に響いていると感じる」と話す。

 人生とともに肉親、金銭、信仰についても話は及ぶ。学生時代、生活苦のため1カ月近くも神社の床下に寝泊まりしたというような著者の苛烈な体験もつづられている。衝撃的な内容ながら平易で読みやすく、著者の真摯(しんし)な姿勢に胸を打たれる。(幻冬舎新書・780円+税)

 櫛田寿宏

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ