PR

ライフ ライフ

乳がん薬投与後3人死亡 副作用か、厚労省が注意呼び掛け

 厚生労働省は17日、昨年11月から今年5月にかけて、乳がん治療薬「ベージニオ」を投与された14人が重い間質性肺疾患を発症し、うち3人が死亡したと発表した。副作用の可能性があり、同省は医療関係者に使用時に注意するよう呼び掛けた。

 ベージニオは昨年9月に承認された新薬で、日本イーライリリー(神戸市)が製造販売する。承認後の推定使用患者数は2千人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ