PR

ライフ ライフ

【親子でわくわく かがく絵本】「サンドイッチつくろう」

 大人にとって、料理は日々繰り返される作業ですが、子供にとってはさまざまなモノや事象との出合いや発見の場となります。

 息子は成長とともに、茹(ゆ)で時間によって卵の黄身の状態が違うことに気付きました。彼なりに仮説をたて、慎重に時間を計りながら温泉卵、半熟卵、ゆで卵と試行錯誤を繰り返し、自分のお気に入りの状態を探求していきました。その姿は実験そのものであり、自らの食の世界を豊かに広げていくことでもあります。

 絵本では、パンに自分の好きな具材を好きなようにのせ、サンドイッチをつくります。素材を組み合わせることで予想通りの味や予想外の味の楽しさ、相性を知ることができます。

 料理の「料」と、科学の「科」は共に計量に関する意味の「斗」が使われていることに気付かされました。(国立音楽大教授・同付属幼稚園長 林浩子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ