PR

ライフ ライフ

【親子でわくわく かがく絵本】「サンドイッチつくろう」

かがく絵本「サンドイッチつくろう」
かがく絵本「サンドイッチつくろう」

 ■料理は探求と発見の場

 「おなかが すいたから、みんなで おいしいもの つくろう。」

 昭和55年に福音館書店から刊行された『サンドイッチつくろう』(さとうわきこ作)は、身近な材料を使った料理の絵本です。ゆで卵にいり卵、ポテトサラダなどの料理の手順と方法が、楽しい絵と言葉で描かれています。

 わが家の子供たちが小さかった頃、この絵本をきっかけに、一緒に何度もサンドイッチを作りました。

 初めての日、息子は卵と水を入れた鍋が沸騰していく様子に見入りました。鍋底から現れる泡や、湯気や音、鍋の中で動く卵の様子など、水温の上昇とともに現れ変化していく事象を不思議がり、面白がりました。それ以来、私が料理をするとき、横で鍋の中をよくのぞきこむようになりました。「どうして泡が出てくるの?」「鍋の中でお野菜がジャンプしてるね」「なんで?」。子供は身の周りのさまざまなモノや事象に“科学する眼差(まなざ)し”を向けていきます。

 また、大人も子供の問いから、「なんでだっけ?」「昔、学校で習ったよな」と探求心が呼び覚まされるのではないでしょうか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ