PR

ライフ ライフ

令和で初「葵祭」 新緑の都大路、優雅に平安絵巻

京都御所で腰輿に乗り込む葵祭の斎王代、負野李花さん =15日午前、京都市上京区(永田直也撮影)
京都御所で腰輿に乗り込む葵祭の斎王代、負野李花さん =15日午前、京都市上京区(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 京都三大祭のトップを飾る葵祭が15日、京都市内で行われた。令和最初となる今回は、祭りのヒロイン・斎王代(さいおうだい)をはじめ近衛使代(このえづかいだい)ら約500人の行列が王朝絵巻さながらの宮廷装束に身を包み、新緑の都大路をゆっくりと練り歩いた。

 葵祭は上賀茂神社(同市北区)と下鴨神社(左京区)の例祭で、五穀豊穣を祈願して6世紀に始まったとされる。令和初の斎王代は京都市左京区の会社員、負野(おうの)李花さん(23)。

 フタバアオイの葉を頭や胸に飾った男女と、フジの花をつけた牛車や馬などの行列が午前10時半、京都御所(上京区)を出発。下鴨神社を経由し、上賀茂神社までの約8キロの行程をゆっくりと進み、沿道に詰めかけた大勢の観光客らを魅了した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ