PR

ライフ ライフ

白血病新薬、保険適用へ キムリア3349万円 医療財政の影響懸念も

新型治療薬「キムリア」の投与バッグ(ノバルティスファーマ提供)
新型治療薬「キムリア」の投与バッグ(ノバルティスファーマ提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 厚生労働省は15日の中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に、一部の白血病など血液がんを治療する新薬「キムリア」の価格を3349万円とする案を提示した。中医協の了承を経て、22日にも保険適用される見通しだ。

 患者から採取した免疫細胞の遺伝子を改変してがんへの攻撃力を高める「CAR-T細胞療法」と呼ばれる国内初の治療法。投与は1回だけで済み、既存の治療法が効かない患者にも効果が高いとされる。保険適用で治療費の大部分がカバーされることになる一方、医療財政への影響を懸念する声も上がりそうだ。

 治療対象は、血液がんの「B細胞性急性リンパ芽球性白血病」の25歳以下の患者と「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」の患者で、抗がん剤が効かなかった人などに限定。高熱や低血圧など副作用が起きる可能性があり、治療は副作用に対応できる病院のみ。日本人も参加した治験は、白血病で約8割、リンパ腫で約5割の患者が大幅に症状が改善した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ