PR

ライフ ライフ

【日本再発見】体験プログラムやイベント充実~鴨川シーワールド(千葉・鴨川市)

鴨川シーワールドのメインゲート。シャチのモニュメントが目を引く
鴨川シーワールドのメインゲート。シャチのモニュメントが目を引く

 水しぶきが豪快に舞い上がり、ダイナミックにジャンプする海の王者シャチ…。千葉県鴨川市の「鴨川シーワールド」は、国内で唯一行っているシャチのパフォーマンスが楽しめる水族館。体験プログラムやイベントが充実し、週末になると大勢の人が足を運ぶ。

 南房総の東条海岸前にある白い建物が目印だ。昭和45年に「海の世界との出会い」をコンセプトにオープンした。現在では、シャチをはじめ、イルカ、アシカ、ベルーガなど800種1万1千点を超える海や川の生き物を飼育展示しており、通年で来場者の目を楽しませている。

 一方で同館は昨年12月に巨大な口が特徴の希少なサメ「メガマウスザメ」の全身骨格標本を世界初公開したほか、今年4月にはオウサマペンギンの人工授精に成功したと発表。オウサマペンギンの人工授精での産卵、孵化(ふか)は世界初とされ、海の生物の研究活動などにも熱心に取り組んでいる。

 特別企画も盛んに行われており、平成14年に始まった夜の水族館の幻想的な雰囲気を楽しむ「ナイトステイ」は好評。来月には俳優の滝口幸広さん、原田優一さんが参加する「るひまの遠足倶楽部」を開催予定など興味深い内容がめじろ押しだ。同館関係者は「自然環境を再現した生態展示とパフォーマンスにより生命(いのち)のぬくもりに感動し、生命とそれをとりまく環境の大切さを学ぶことができます」と話す。都心から車で約2時間。心身のリフレッシュにもオススメだ。

 ▽「るひまの遠足倶楽部」(宿泊は6月15~16日、日帰りは同15日)の資料請求は阪急交通社まで(03・6745・7379、土日祝休み、この番号では旅行の申し込みを承っていません)。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ