PR

ライフ ライフ

ドリス・デイさん死去 米歌手・女優、「ケ・セラ・セラ」

 パリの空港でバラの花束を持つドリス・デイさん=1955年(AP=共同)
 パリの空港でバラの花束を持つドリス・デイさん=1955年(AP=共同)

 映画の主題歌「ケ・セラ・セラ」がヒットした米歌手で女優のドリス・デイさんが13日、カリフォルニア州の自宅で肺炎のため死去した。97歳。自身が設立した財団が発表した。

 1922年、オハイオ州で生まれた。10代からジャズバンドで歌い、45年に「センチメンタル・ジャーニー」がヒット。20代で映画デビューし、56年ヒチコック監督の「知りすぎていた男」に出演、主題歌「ケ・セラ・セラ」も歌った。その後、テレビでも活躍した。

 2004年、米政府が文民に与える最も名誉ある大統領自由勲章を授与され、08年にはグラミー賞の生涯功労賞を受賞した。財団を設立し、動物愛護活動にも力を入れていた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ