PR

ライフ ライフ

【TOKYOまち・ひと物語】やり直せるチャンスを 受刑者の求人誌発行、三宅晶子さん

受刑者の求人誌「Chance!!」を創刊したヒューマン・コメディの三宅晶子代表=15日、川崎市
受刑者の求人誌「Chance!!」を創刊したヒューマン・コメディの三宅晶子代表=15日、川崎市
その他の写真を見る(1/3枚)

 刑務所や少年院などから社会復帰を目指す人を対象にした異色の季刊求人誌がある。仕事や住まいがなく犯罪を繰り返す悪循環を断ち切ろうと、民間の人材採用支援・教育支援業「ヒューマン・コメディ」(豊島区)が発行し、今年3月で創刊1年を迎えた。塀の内外で徐々に認知されるようになり、採用や内定に結びつくケースも増加。同社の三宅晶子代表(48)は「誰にでもやり直せるチャンスをつくりたい」と話す。

■異色の求人誌

 「Chance!!(チャンス)」は、全国の刑務所や少年院、更生保護施設などで配布している日本初の受刑者専用求人誌だ。表紙には「『絶対にやり直す』という覚悟のある人と、それを応援する企業のための求人誌」との文字が躍る。専用履歴書も収録され、自身が過去に犯した罪のほか、「事件の背景・きっかけ」「再犯しないための決意」などを書く欄がある。

 掲載されている企業は、建設業や飲食業、タクシー業など20社前後。就職を希望する人は、履歴書を送付した上、選考をへて、面接が行われる。

 一般的な求人誌と異なり、「チャンス」では、企業の代表者からのメッセージや、会社の特色、社員の生活の様子が詳細に紹介されている。発行する三宅さんは「文字情報だけでは、どのような会社なのか分からない。刑務所の中では詳細な情報は入手できないので、出所後の生活イメージが湧くようなものを作りたかった」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ