PR

ライフ ライフ

30~50年に一度の開花もうすぐ?アオノリュウゼツラン 千葉・富津

膨らんできたアオノリュウゼツランのつぼみ
膨らんできたアオノリュウゼツランのつぼみ
その他の写真を見る(1/2枚)

 30~50年に一度だけ咲くというメキシコ原産の「アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)」が千葉県富津市内でつぼみを膨らませ、開花に期待が高まっている。

 民家の庭の一部に植えられたものが高さ4~5メートルに成長し、つぼみが大きくなってきたのを確認した所有者から市に連絡があった。

 市によると、所有者もこの木に花が咲いたのは見たことがないという。市の広報担当者は「いつになるか分からないが、咲いたら公式フェイスブックに写真を掲載する」と開花を心待ちにしている。

 アオノリュウゼツランは成長に長い時間が必要な植物で、最後に一度だけ花を咲かせて枯れるとされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ