PR

ライフ ライフ

【ビブリオエッセー】言葉への思いは変わらない 「戦後史の中の英語と私」鳥飼玖美子(みすず書房) 

 果せるかな、幼い子供たちに教えることと、15カ国からやってきた延べ90人の外国人との交流には英語が欠かせなかった。言葉は交流の道具という思いは変わらない。「言葉は文化を内包する」という鳥飼氏の言葉を、受け入れた人たちとの日々の中で何度も実感した。

 この本は私にとって永遠のバイブルである。

京都府久御山町 勝田壽子(67)

     ◇

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~土曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールは biblio@sankei.co.jp 。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ