PR

ライフ ライフ

【万象】チョウの舞いは効率的 生き物に倣う

東京電機大の藤川太郎准教授が開発したチョウ型ロボット
東京電機大の藤川太郎准教授が開発したチョウ型ロボット

 チョウは羽を打ち下ろして上昇すると同時に、体を起こす。その姿勢で羽を後ろに戻して前進すると、また体を倒して羽を打ち下ろす。羽の関節の自由度が少なく、鳥のように羽を折りたたんだり、羽の向きを変えたりすることができないためだ。このヒラヒラとした動きで力を効率良く使い、急旋回したり長距離を移動したりする。

 こうしたチョウの構造や動きを解析し、手のひらサイズのロボットの開発が進んでいる。災害現場でがれきの隙間など狭い空間に進入して情報を取得したり、虫の代わりに農作物の授粉をしたりといった用途が期待される。(麻)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ