PR

ライフ ライフ

皇位継承儀式の米決める「斎田点定の儀」 甲羅、職人…確保に奔走

「斎田点定の儀」で使用されるカメの甲羅(宮内庁提供)
「斎田点定の儀」で使用されるカメの甲羅(宮内庁提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 11月の大嘗祭(だいじょうさい)の中心儀式「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」で、神々に供える米を育てる地方を決める「斎田点定(さいでんてんてい)の儀」が13日、皇居・宮中三殿で行われる。カメの甲羅を用いた古来の占い「亀卜(きぼく)」をするため、宮内庁は約1年半前から、希少なアオウミガメの甲羅の確保に奔走し、甲羅の加工職人の選定にも慎重を期した。亀卜は国内では長崎県対馬に残るだけといわれており、宮内庁は「古代から続く文化を次代につなげたい」としている。

調達、明確な記録なく

 斎田点定の儀は13日午前10時から皇居・宮中三殿の神殿前で行われる。宮中祭祀(さいし)をつかさどる掌典(しょうてん)職らがカメの甲羅を火であぶり、ひび割れの具合から、大嘗祭で供える米を育てる悠紀(ゆき)地方と主基(すき)地方を決定する。

 宮内庁は上皇さまの譲位日が決まった平成29年12月から準備をしてきた。宮内庁によると、前回の代替わりでどこから甲羅を調達したのか明確な記録はなく、加工を担った業者も廃業したことが判明。「代替わりに当たり大きな課題の一つだった」と打ち明ける。

 アオウミガメは絶滅の恐れがあり、国際的な取引を規制するワシントン条約をはじめ、国内法でも保護対象となっている。宮内庁は昨年1月、アオウミガメの保全活動に力を入れる東京都小笠原村に協力を依頼。同村では東京都の許可を受け、アオウミガメの漁が一定量認められており、宮内庁は昨年春に捕獲された8頭分の甲羅を確保した。

正倉院修復に関わった業者に

 加工業者の選定にもハードルがあった。占いに使うには、分厚い甲羅をホームベースのような形に切り出し、1ミリの薄さまで削る高度な技術が必要となる。宮内庁は正倉院(奈良県)の宝物修復に関わった経験のある鼈甲(べっこう)加工業者に作業を依頼したという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ