PR

ライフ ライフ

プラごみ輸出に初の国際的法規制 バーゼル条約改正案を採択 日本が共同提出

 スイス・ジュネーブで開かれた有害な廃棄物の国際的な移動を規制するバーゼル条約の締約国会議は10日、汚れたプラスチックごみを輸出入の規制対象に加える条約改正案を採択した。日本がノルウェーと共同提出した。国連環境計画(UNEP)によると、プラごみに関する初の国際的な法規制。改正案の文言を巡る調整が続いていた。

 プラごみは世界各地の海を汚染し、生態系への悪影響が懸念されている。改正により相手国の同意なしの輸出は禁止となる。日本は国内で処理し切れないプラごみを「リサイクル資源」として途上国などへ輸出していたが、国内でのリサイクル増加が不可欠となる。

 外交筋によると、会議では改正案に対し「リサイクル体制が整っていない段階では時期尚早だ」などの慎重意見が相次いだ。輸出入の規制では大筋合意したものの、規制対象とするプラごみの種類や、どの程度の汚れのプラごみを輸出可能とするかなどについて紛糾した。(ジュネーブ 共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ