PR

ライフ ライフ

ベネチア美術展で内覧会 下道さんらが日本館出展

 イタリアのベネチアで2年に1度開かれる現代美術の祭典、第58回ベネチア・ビエンナーレ国際美術展の関係者向けの内覧会が8日、始まった。

 約90カ国が参加する「国別部門」に出展する日本館のテーマは「Cosmo-Eggs/宇宙の卵」。美術家の下道基行さんが近年、沖縄県の八重山諸島などで撮影を続けてきた「津波石」を軸に展示を構成、人と自然環境の関係を再考する。作曲家の安野太郎さん、人類学者の石倉敏明さん、建築家の能作文徳さんと協働。キュレーターは秋田公立美術大准教授の服部浩之さんが務めた。

 美術展全体のテーマは「数奇な時代を生きられますように」。困難な時代におけるアートの役割に光を当てる。「企画展示部門」には片山真理さんや久門剛史さん、池田亮司さんが招かれた。

 11日に開会式と金獅子賞(最優秀賞)などの授賞式が行われる。一般公開は同日から11月24日まで。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ