PR

ライフ ライフ

大阪・関西万博で火星を探査機で生中継へ JAXA構想

 2025年大阪・関西万博の展示会場で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が火星を探査機で撮影して生中継することを検討していることが8日、分かった。日本の宇宙探査を世界にアピールするのが狙いで、実現すれば目玉企画として人気を呼びそうだ。

 構想によると、火星の衛星を調べる計画「MMX」の探査機で火星を撮影し、映像を地球に送信して生中継する。詳細は未定だが、会場で大型スクリーンに映写する方法が考えられる。

 探査機は同年8月、火星付近に到着する見込み。会期中の5~11月に継続的に中継すれば、前半は火星に徐々に接近していく様子を伝えられる。高度200~300キロで火星を撮影すれば、地形が分かる可能性もあるという。

 JAXA宇宙科学研究所の国中均所長は「リアルタイムの映像を通じて、日本がいよいよ火星への布石を打つことを、ぜひ知ってほしい」と話す。

 関係者によると、万博での宇宙からの中継は過去に聞いたことがないという。1970年の大阪万博では月の石が展示され、多くの宇宙ファンが詰めかけた。

 探査機は令和6(2024)年に打ち上げられ、火星の衛星「フォボス」に着陸。物質を採取して11年に地球へ持ち帰り、火星に2つある衛星の起源の解明などを目指す。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ