PR

ライフ ライフ

新時代「令和」 挙式、御朱印、出産 各地で祝福の輪

 各地の神社には《令和元年》と記された御朱印を求める人々も押し寄せた。

 湯島天満宮(文京区)では午前8時すぎに授与が開始された。平成最後となる前日の4月30日も1200枚が渡されたが、この日は、それを上回る盛況ぶりだという。第1号を受け取った千葉県流山市の男性会社員(65)は「前向きな気持ちで過ごせる時代になってほしい」。

出産「たくましく」

 「令和」ベビーも誕生した。山王病院(港区)では1日午前9時58分に、会社役員の榊原絵里さん(34)が次男を出産した。体重は2908グラム。母子ともに健康だという。

 「社会に貢献できる人生を歩んでほしい」。そう願いを込め、「吏玖(りく)」君と名付けられた。榊原さんと夫は昭和で、長男(7)は平成生まれだ。3つの“時代”が、一つ屋根の下で暮らすことになる。「明るく健康で過ごしたいし、吏玖には新時代をたくましく生きてほしい」。榊原さんの願いだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ