PR

ライフ ライフ

「国民への感謝」「平和への祈り」天皇陛下、お言葉で不変の思い

 30日で30年余りにわたった象徴天皇の務めを遂げられた天皇陛下。同日の譲位の儀式「退位礼正殿の儀」(退位の礼)で残された最後のお言葉は「国民への感謝」と「平和への祈り」という変わらぬ思いだった。10分余りの儀式を粛々と終え、共に歩まれた皇后さまに見送られる形で退出された。

 退位の礼の舞台となった皇居・宮殿で最も格式が高い「松の間」。午後5時、静寂と緊張に包まれた部屋に、靴音を響かせて入ってきた陛下は、中央の壇上に少し遅れて続かれた皇后さまと立たれた。

 追従した側近が皇位継承の証である「三種の神器」のうちの「剣(けん)」と「璽(じ)」(勾玉=まがたま)などを据え置くと、安倍晋三首相が出席者の列から一歩前に出て、陛下への謝辞とともに「希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来を創り上げていく」と述べた。

 「今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました」。陛下は、側近からお言葉が記された紙を受け取り、202年ぶりの譲位の実現を淡々と告げられた。天皇の務めを「国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした」と続けた場面では、一瞬言葉を詰まらされた。

 陛下の方を向き直った皇后さまが寄り添われる中、表情を変えず、単語を一つ一つ区切りながら、ゆっくりと言葉を紡がれていく陛下。「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」。国民への謝意は紙から顔を上げ、国民の代表である出席者をまっすぐに見据えて伝えられた。

 約1分半にわたるお言葉の最後に込められたのは、平和への祈り。幼少期に疎開を経験し、昭和天皇の遺志を継いで戦没者慰霊に尽くした陛下が、象徴の務めの中心に一貫して位置づけられてきたものだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ