PR

ライフ ライフ

【今どきワークスタイル】(5)ワーケーション 旅先や帰省先でも自由に仕事

2年目の介護職員がテントを設営。野外調理を楽しみながら研修し、リフレッシュした=千葉県君津市(社会福祉法人「福祉楽団」提供)
2年目の介護職員がテントを設営。野外調理を楽しみながら研修し、リフレッシュした=千葉県君津市(社会福祉法人「福祉楽団」提供)

 旅先や帰省先で仕事をする「ワーケーション」が広がっている。長時間労働の是正や多様で柔軟な働き方を目指す「働き方改革関連法」が今月施行されたことを追い風に、全国の観光地や旅行会社などは新サービスの商品化に乗り出している。ワーケーションの体験者は「日常を離れてリフレッシュできた」と語る。多様化する働き方の最前線で話を聞いた。

 ◆場所にこだわらず

 ワーケーションは仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた造語。有給休暇の取得率が低かった米国で、急に仕事が入っても旅をキャンセルせずに行き先で働いたり、家族や友人と過ごす時間を増やす生活スタイルとして広がった。

 休暇中に何日か働く日を設ける有給休暇消化型、旅先でリフレッシュする研修型、数日程度の短い期間で集中的に新事業を創出するなどの課題があるハッカソン合宿型など、その形態は多様だ。

 在宅勤務やモバイルワークなど「在社にこだわらない働き方」がすでに進む中、ワーケーションはさらに自由だ。自宅やサテライトオフィス、電源のあるカフェなどに働く場を特定せず、文字通り、バケーションで行くような場所が選ばれることも多い。

 ◆森でリフレッシュ

 特別養護老人ホームなどを営む社会福祉法人「福祉楽団」(千葉市美浜区)は昨秋、就職2年目の研修に1泊2日のワーケーションを初めて導入した。

 対象は20代前半の介護職員ら30人余。各事業所へ配属された同期生がキャンプ場で再会し、アウトドア事業「スノーピークビジネスソリューションズ」(SPBS)の支援で、自然の中でチームビルディング研修に臨んだ。メンバーが個性を生かしながら、目標に向かって一丸となることを目指す研修だ。

 福祉楽団人事部の原田貴征さん(40)は「手探りを続け、葛藤が多いこの時期、初心に戻って目標を再確認することは大切」と語る。特養ホームなどでは利用者の死に直面し、壁にぶつかる職員もいる。「夜、静かな森でたき火を囲んで仲間と酒を飲むと、本音をぶつけ合える」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ