PR

ライフ ライフ

原爆資料館本館再オープン 広島、被爆者人生に焦点

再オープンした原爆資料館本館の入り口に展示された、焼け跡に立つ少女の写真=25日午前、広島市
再オープンした原爆資料館本館の入り口に展示された、焼け跡に立つ少女の写真=25日午前、広島市

 老朽化に伴う耐震補強工事と展示物のリニューアルのため、平成29年4月から休館していた広島平和記念資料館(原爆資料館、広島市中区)の本館が25日、再オープンした。テーマに掲げる「被爆の実相」をよりリアルに感じてもらおうと、被爆者の人生に焦点を当てて展示方法を一新した。

 同館によると、本館の常設展示で公開する資料は538点。休館前は112点だった写真資料は173点に増やしたほか、米兵捕虜など外国人被爆者のコーナーを初めて設置。写真や遺品などの実物展示を重視し、文字での説明を極力抑えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ