PR

ライフ ライフ

井山裕太棋聖、タイトル戦連続出場記録が29でストップ

碁聖戦準決勝で一力遼八段(右)に敗れ、七大タイトル戦の挑戦手合の連続出場が「29」で途切れた井山裕太棋聖=23日午後、大阪市北区の日本棋院関西総本部
碁聖戦準決勝で一力遼八段(右)に敗れ、七大タイトル戦の挑戦手合の連続出場が「29」で途切れた井山裕太棋聖=23日午後、大阪市北区の日本棋院関西総本部

 囲碁の井山裕太棋聖(29)=四冠=は23日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で打たれた第44期碁聖戦本戦準決勝で、一力遼(いちりき・りょう)八段(21)に中押しで敗れた。井山棋聖は、例年6月に始まる碁聖戦五番勝負に出場できなくなり、歴代1位の記録を更新し続けてきた、七大タイトル戦の挑戦手合の連続出場が「29」で途切れた。

 井山棋聖は平成27年の本因坊戦から、タイトル保持者か挑戦者として、七番勝負や五番勝負を戦う挑戦手合に連続で出場。28年には囲碁界初の7冠独占を達成した。その後、名人を奪われたが、6冠を防衛した上で29年に名人を奪還、2度目の7冠独占を果たした。

 しかし、昨年に碁聖と名人を、今月に十段を失って4冠に後退。5月からの本因坊戦への出場は決まっており、29回目の連続出場となるが、碁聖戦では挑戦者になれず、連続出場が途切れた。

 終局後、井山棋聖は「記録は励みだったが、いつかは途切れるもので仕方がない」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ