PR

ライフ ライフ

【地球環境大賞】大日本印刷に大賞授与 「持続可能な社会 実現努める」

地球環境大賞を受賞し、あいさつする大日本印刷の北島義斉社長=22日午後、東京・元赤坂の明治記念館(宮崎瑞穂撮影)
地球環境大賞を受賞し、あいさつする大日本印刷の北島義斉社長=22日午後、東京・元赤坂の明治記念館(宮崎瑞穂撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 産業の発展と地球環境との共生を目指し、温暖化の防止や環境保全活動に取り組む企業・団体を表彰する第28回「地球環境大賞」(主催・フジサンケイグループ)の授賞式が22日、秋篠宮ご夫妻をお迎えして東京・元赤坂の明治記念館で開かれ、受賞者に表彰状とトロフィーが手渡された。

 式典では、魔法瓶のように内部の温度を長時間一定範囲に保ち、冷凍・冷蔵機能を持たない車でも長距離輸送を可能にした断熱ボックスを開発し、大賞に輝いた大日本印刷の北島義斉社長が「これからも多くの社会課題の解決に取り組み、持続可能な地球環境の実現に努めていく」と述べた。

 また、フジサンケイグループの日枝久代表は「国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて日本の強いリーダーシップが求められている」とした上で、「令和の時代もこの顕彰制度を通じて、あらゆる分野で『環境と経済』の調和による豊かで活力あふれた国づくりに邁進(まいしん)していく」とあいさつした。

 地球環境大賞顕彰制度委員会委員長を務めるキヤノンの御手洗冨士夫会長CEO(最高経営責任者)は「本賞の社会的な評価をさらに高め、社会・経済の持続的発展の一助となるよう努めていく」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ