PR

ライフ ライフ

新天皇、皇后のお住まいは赤坂御所に 皇居お引っ越しまでの間 宮内庁

 宮内庁は22日、新天皇、皇后となる皇太子ご夫妻の代替わり後のお住まいについて、皇居・御所に移られるまでの間、現在の東宮御所を赤坂御所と呼ぶことを明らかにした。御所は天皇、皇后両陛下が上皇、上皇后としてお住まいの間、吹上仙洞(ふきあげせんとう)御所に変わる。

 いずれも5月1日付での変更。皇太子ご夫妻と長女の敬宮(としのみや)愛子さまは両陛下が吹上仙洞御所を出られた後も改修工事をする間、赤坂御所で過ごされる。ご夫妻はこの間、皇居に通う形で公務に励まれる。赤坂御所の名称は一時的なお住まいだと明示するためで、平成の代替わりを踏襲する。

 両陛下は、吹上仙洞御所から仮住まい先の高輪皇族邸(東京都港区)にご転居。最終的に皇太子ご一家が皇居・御所に移り住まれ、改修した後の赤坂御所に入られる。名称は両陛下のご転居に合わせ、高輪皇族邸が仙洞仮御所、赤坂御所は仙洞御所となる。

 仙洞御所は歴史的に上皇の御所を指した。後水尾上皇の住居として造営され、京都御所内に庭園などが残る現在の仙洞御所は、5月1日付で京都仙洞御所に変更する。皇嗣同妃となる秋篠宮ご夫妻のお住まいは、秋篠宮邸で変わらない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ