PR

ライフ ライフ

囲碁の仲邑菫初段、史上最年少の公式戦始まる

公式戦初対局に臨む仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区の日本棋院関西総本部(鳥越瑞絵撮影)
公式戦初対局に臨む仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区の日本棋院関西総本部(鳥越瑞絵撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 1日付で囲碁の史上最年少プロとなった仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)の公式戦デビュー戦が22日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で始まった。竜星戦予選Bで、相手は同じ日にプロ入りした同期の大森らん初段(16)。仲邑初段の10歳1カ月での公式戦初対局は最年少記録で、勝てば、藤沢里菜女流名人(20)の11歳8カ月の最年少勝利記録も更新する。

 この日の仲邑初段のデビュー戦には、約100人の報道関係者が集まり、控室がごった返すほどの注目度の高さ。対局開始時は午後2時半だが、撮影手順の説明や、撮影場所の抽選などを行うため、集合時間は2時間前の午後0時半に設定された。主催の囲碁・将棋チャンネルも、予選段階ながら、CSやインターネットで生中継するなどした。

 午後2時半に対局が始まると、先後を決める「ニギリ」が行われ、仲邑初段は黒番となった。持ち時間は各1時間で、終局は夕方の見通し。

 仲邑初段は大阪府出身で、父は関西総本部所属の信也九段(46)で、母は元囲碁インストラクターの幸(みゆき)さん。3歳から囲碁を始め、今年1月、新設の「英才特別採用推薦棋士」として日本棋院がプロ入りを発表していた。

 大森初段は広島県出身で山本賢太郎五段門下。新設の「女流特別採用推薦棋士」として今月1日付でプロ入りし、仲邑初段と同期だ。大森初段によると、2人が初めて会ったのは2年ほど前。「合宿のようなものだったと思いますが、そのときは『かわいいな』と思いました」と大森初段。「10歳でプロ入りするなんてすごいです。私も、緊張せず打ちたいと思います」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ