PR

ライフ ライフ

保岡興治元法相が死去

保岡興治氏
保岡興治氏

 元自民党衆院議員で、法相などを歴任した保岡興治(やすおか・おきはる)氏が19日、膵臓(すいぞう)がんのため死去した。79歳。

 保岡氏は裁判官出身で、昭和47年の衆院選で初当選し、当選13回。法相を2回務めた。

 中選挙区制で全国唯一の1人区だった「奄美群島区」で、徳田虎雄氏と繰り広げた激しい選挙戦は「保徳戦争」として全国から注目を集めた。

 自民党憲法改正推進本部長も務め、安倍晋三首相(自民党総裁)が提案した憲法9条の改正などについて党内議論のとりまとめに当たった。平成29年にがんの治療に専念するため、政界を引退した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ