PR

ライフ ライフ

囲碁十段戦 村川大介八段が初の奪取

【十段戦・第4局】十段戦第4局にのぞんだ井山裕太十段(左)と村川大介八段=19日午前、大阪市北区の日本棋院関西総本部(渡辺恭晃撮影)
【十段戦・第4局】十段戦第4局にのぞんだ井山裕太十段(左)と村川大介八段=19日午前、大阪市北区の日本棋院関西総本部(渡辺恭晃撮影)

 産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第57期十段戦五番勝負」の第4局が19日午前10時から大阪市北区の日本棋院関西総本部で行われ午後6時14分、挑戦者の村川大介八段(28)が226手までで、井山裕太十段(29)に白番中押し勝ちし、対戦成績3勝1敗で初の十段位を奪取した。七大タイトル獲得は通算2期となり、規定により20日付で段位が九段に昇段する。

 敗れた井山は十段4連覇を逃し、平成27年11月以来の4冠(棋聖・本因坊・王座・天元)に後退した。持ち時間各3時間で残りは村川1分、井山2分。

 村川新十段は兵庫県出身、森山直棋九段門下。14年に11歳10カ月で関西棋院からプロ入り。26年に当時6冠を保持していた井山を破り王座を獲得している。

 村川新十段の話「井山さんにはストレート負けだけはしないようにと思っていたので、まさか勝てるとは思わなかった」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ