PR

ライフ ライフ

【正木利和のスポカル】5浪を乗り越え画壇の重鎮に 逆転人生、手塚雄二の描いた100年屏風

自作「明治神宮内陣御屏風(日月四季花鳥)」の前に立つ手塚雄二=大阪市中央区
自作「明治神宮内陣御屏風(日月四季花鳥)」の前に立つ手塚雄二=大阪市中央区

 「その部分をカットしてしまうと、超イヤなやつですよね」

 日本画家の手塚雄二(66)は、微苦笑しながらいうのである。

 手塚のキャリアを見ていると、なるほど、そうかもしれないとも思う。

 東京芸大大学院を修了後に、助手となり、36歳から日本美術院賞を3年連続で獲得。1992年には日本美術院同人に推挙され、大学でも39歳で講師、42歳で助教授、51歳で教授と順調に昇進。画壇のホープとうたわれ、エリートコースを歩んできた。

 いま大阪高島屋で行われている「手塚雄二展 光を聴き、風を視る」(22日まで)は、自身4度目の回顧展になる。

 「45歳で1回目をやっていますからねえ。前回は12年前ですか…」

 たしかに、超大物感たっぷりだ。

 ところが、「その部分」と本人がいう人間臭い話を聞いていると、「超イヤなやつ」というイメージはほんとうに吹っ飛んでしまうだろう。

 逆に、よくぞここまで、という気持ちにさせれてしまうのだから不思議なのである。

   □    □

 鎌倉に生まれた。父は友禅染付絵師。しばらくして東京に転居することに。

 「東京といったって、小中学校を過ごしたのは昔の武蔵野といわれていたようないなか。僕は、風光明媚という景色でなく、どこにでもある風景を僕なりの視点でとらえたものを作品化します。幼いころに見た原風景がフラッシュバックして、ということもありますね」

 いまや風景画の大家だが、もともとは人物画を通してシュール(超現実)を表現したいと思っていた。

 「ところが、ある日突然、才能がなくなってしまったのです」

 芸術家にとって、最大の苦悩に見舞われたのには理由があった。

 学生結婚した妻が出産のあと体調を崩し、生活に対する不安が精神的に重くのしかかってきたのである。それで、絵を描くどころではなくなり、イメージが枯渇していったのだという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ