PR

ライフ ライフ

【ヒューリック杯棋聖戦】渡辺二冠が挑戦者決定戦進出 決勝T

渡辺明二冠
渡辺明二冠

 豊島将之(とよしま・まさゆき)棋聖(28)=王位=への挑戦権を懸けた第90期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメントは17日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で準決勝、菅井竜也七段(27)-渡辺明二冠(34)=棋王・王将=戦が指され、渡辺二冠が勝ち、挑戦者決定戦進出を決めた。渡辺二冠は、郷田真隆九段(48)-久保利明九段(43)戦の勝者と、26日に行われる挑戦者決定戦で対戦する。

 菅井七段は岡山市出身。井上慶太九段門下で平成22年、四段プロデビュー。タイトル戦登場は2回で、獲得は王位1期。棋戦優勝は2回。通算成績は292勝123敗(勝率0・704)、昨年度は27勝20敗(同0・574)、今年度は2勝0敗。

 渡辺二冠は東京都葛飾区出身。所司和晴七段門下で平成12年、四段プロデビュー。タイトル戦登場は30回で、獲得は竜王11期(永世竜王)、王座1期、棋王7期(永世棋王)、王将3期の計22期。棋戦優勝は10回。通算成績は617勝316敗(同0・661)、昨年度は40勝10敗(同0・800)、今年度は1勝0敗。

 今期、菅井七段は本戦から出場し、木村一基(かずき)九段(45)、前棋聖の羽生善治九段(48)の2人を破った。渡辺二冠も本戦からの登場で、橋本崇載(たかのり)八段(36)、稲葉陽(あきら)八段(30)をそれぞれ破り、ベスト4に進出した。

 両者の対戦成績は菅井七段3勝、渡辺二冠6勝。振り駒の結果、菅井七段の先手となった。

 対局は午前10時、開始。菅井七段がお得意の中飛車、渡辺二冠が居飛車の戦型で進んだ。途中、角を交換し、お互いに駒組みを継続。その後、菅井七段が飛車を、渡辺二冠が角をそれぞれ取り合う展開となった。中盤以降、渡辺二冠が徐々に形勢を良くし、終盤へ。菅井七段も必死に先手玉に迫るが、渡辺二冠が逃げ切り、午後7時16分、菅井七段140手で投了した。

 持ち時間は各4時間。残り時間は、菅井七段14分、渡辺二冠27分。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ