PR

ライフ ライフ

両陛下、ノートルダム火災にお見舞い

17日、伊勢神宮参拝のため近鉄宇治山田駅に到着し、出迎えの市民らに手を振られる天皇、皇后両陛下=三重県伊勢市(代表撮影)
17日、伊勢神宮参拝のため近鉄宇治山田駅に到着し、出迎えの市民らに手を振られる天皇、皇后両陛下=三重県伊勢市(代表撮影)

 宮内庁は17日、パリで起きた世界遺産のノートルダム大聖堂の火災について、天皇、皇后両陛下がフランスのマクロン大統領あてにお見舞いのメッセージを出されたと発表した。在仏日本大使館を通じ、大統領に伝えるという。海外の文化財破損に関し、両陛下がメッセージを出されるのは異例。全文は以下の通り。

     

 この度のニュースに触れ、貴大統領閣下及び貴国民の深い悲しみに思いをいたしています。聖堂が再び姿をよみがえらせる日の確かな望みをあなたと共にしています。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ