PR

ライフ ライフ

【岡田敏一のロック講座】80年代ハード・ロックとヘヴィ・メタルブーム秘話、6月に開催

ボン・ジョヴィの1986年発表のアルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」
ボン・ジョヴィの1986年発表のアルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」
その他の写真を見る(1/2枚)

 1980年8月1日に放送を始めた米の音楽専門のケーブルテレビチャンネル「MTV」。人気の歌手やロックバンドの新曲のプロモーションビデオ(PV)を24時間流し続けるという画期的な内容に、若者たちが熱狂しました。

 マイケル・ジャクソンやマドンナ、プリンスといった数々の大スターがMTVから生まれ、ロック音楽やポップスが世界の若者文化の中心に躍り出ました。世界最大の市場を誇る米の音楽産業はかつてない活況を呈します。

 そんな80年代に全世界で空前のブームを巻き起こしたのがハード・ロックやヘヴィ・メタルです。

 全世界で豪のAC/DCのアルバム「バック・イン・ブラック」(80年)が5000万枚、米のガンズ・アンド・ローゼズの「アペタイト・フォー・ディストラクション」(87年)が3000万枚、米のボン・ジョヴィのアルバム「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」(86年)が2800万枚、英のデフ・レパードの「ヒステリア」(87年)が2500万枚と、多くのハード・ロックやヘヴィ・メタルのバンドが怪物級のヒットを記録。

 その激しくも美しいサウンドや、メンバーの破天荒な生き様が世界中の若者のファッションやライフスタイルに大きな影響を与えました。

 そんな80年代のハード・ロックやヘヴィ・メタルのブームを支えた代表的なバンドの逸話や、当時の欧米の音楽業界の裏側について、音楽誌「レコード・コレクターズ」( http://musicmagazine.jp/rc/ )の常連執筆者で、かつてロサンゼルス支局長としてガンズやモトリー・クルーといった「LAメタル」を生み出した米ロサンゼルスで米の映画・音楽産業を取材した産経新聞文化部の岡田敏一編集委員が解説します。

 ■時と場所 6月29日(土)午後2時~3時半、サンケイカンファレンス大阪梅田桜橋(大阪市北区)

 ■参加費 2800円

 問い合わせ・応募はウェーブ産経事務局((電)06・6633・9087)。受け付けは平日の午前10時~午後5時。

 産経iDのサイト( https://id.sankei.jp )からも、お申し込みできます(産経iDは登録が必要です。入会金・年会費は無料)。

     ◇

 【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家、産経ニュース( https://www.sankei.com/ )で【エンタメよもやま話】など連載中。京都市在住。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ