PR

ライフ ライフ

安倍晋三首相「政府一丸となって復興に全力」 5年半ぶり福島第一原発、スーツ姿で視察

東京電力福島第1原発の視察を終え、取材に応じる安倍首相。右は渡辺復興相=14日午後、福島県大熊町(代表撮影)
東京電力福島第1原発の視察を終え、取材に応じる安倍首相。右は渡辺復興相=14日午後、福島県大熊町(代表撮影)

 安倍晋三首相は14日、福島県を訪れ、廃炉作業が続く東京電力福島第1原発などを視察した。首相は視察後、記者団に対し「政府一丸となって福島、東北の復興を成し遂げるその日まで、全力を尽くす」と述べ、政府が総力をあげて復興に取り組む決意を示した。「復興が進んでいる福島の姿を世界に発信したい」とも語り、来年3月に東京五輪の聖火リレーが福島県を出発する際に立ち会う意向を表明した。

 首相の福島第1原発視察は平成25年9月以来、約5年半ぶり。前回は防護服を着て構内を回ったが、今回はマスクなどはつけずにスーツ姿で視察し、放射能の影響が低減している現状をアピールした。首相は廃炉に向けた作業について「これからがまさに正念場だ」とした上で、「今後も国が前面に立って取り組みを進める」と強調した。

 原発視察に先立ち、首相は聖火リレーのスタート地点となる「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)を訪問。原発事故収束の拠点としての役割を終え、今月20日にスポーツ施設として全面再開が予定されているのを前に、地元のサッカーチームの子供たちと交流した。また、大熊町役場での新庁舎開庁式に出席した首相は、地元住民を交えた座談会で「私は海外で首脳会談のたびに輸入制限の緩和を働きかけてきたが、これは努力していきたい」と述べ、福島県産の農産物の風評被害払拭に全力をあげる考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ