PR

ライフ ライフ

【フード 食・名店】和食料理店「八雲茶寮」 ひと椀に春の滋味とりどり

シンプルな調理

 どの一皿も、旬の食材自体が持つ滋味を存分に味わえるようにと、あまり手を加えずに調理されている。

 神馬藻をのせたタケノコは、カツオを効かせただしでさっと炊いただけ。椀のふたを開けると、神馬藻とワカメの磯の香りがふわっと立ちのぼった。ノビルをあえたみそを絡めたサワラの焼き物には、セリの白(しら)あえが添えられている。セリのみずみずしい香りと、粟麩(あわふ)のやわらかな歯応えが合わさり、ひと椀に春が詰まっている。

 「どの料理も(調理が)シンプルに感じられるかもしれません。ですが、自然の恵みである食材そのもののおいしさや、旬を生かした食の知恵を知ってもらいたい」(梅原さん)

 食材が季節を問わず手に入る便利な暮らしを享受する現代にこそ、シンプルな旬の味わいは、舌と心に染み入る。

                   

 ■八雲茶寮 東京都目黒区八雲3の4の7。昼懐石は5000円、8000円と、要予約の1万2000円の3種(いずれも税・サービス料別)。茶房、サロン、和菓子店を併設。午前9時~午後5時(昼懐石は正午~3時半まで、ラストオーダーは午後1時半)。日、祝日休(昼懐石は日、月、祝、祝翌日休)で、28日~5月6日は休。夜は紹介制のみ営業。03・5731・1620。yakumosaryo.jp

                  

 ご感想・情報

 ▽Eメール life@sankei.co.jp

 ▽FAX 03・3270・2424

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ