PR

ライフ ライフ

渡米肺移植に支援呼び掛け「娘の夢かなえさせて」

 重い肺の血管の難病と診断された相模原市の田村真子さん(16)を救おうと、両親や支援者らが、米国で脳死肺移植を受けるのに必要な1億9千万円の支援を呼び掛けている。母の久視子さん(51)は「未来を与えてください」と話し、父の佐智夫さん(56)は「アニメ業界で働くという娘の夢をかなえてあげたい」と訴えた。

 真子さんは13歳のときに心臓から肺に血液を送る血管が狭くなり、やがて心機能が低下する「遺伝性肺動脈性肺高血圧症」と診断された。副作用のため治療薬を十分に使えず、平成29年からは国内での脳死肺移植を待っている。現在、高校2年だが、ほとんどの時間を病院のベッドで過ごすなど病状は悪化。これ以上待てない状況となり、提供者の多い米国での移植を決断した。

 これまでの募金活動で1億円余りが集まったが目標には届いていない。募金の詳細は「まこちゃんを救う会」のウェブサイトで公表されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ