PR

ライフ ライフ

SKE48元メンバー・矢方さんら著名人「がんとの日々」語る

SKE48元メンバーの矢方美紀さん
SKE48元メンバーの矢方美紀さん
その他の写真を見る(1/2枚)

 わが国で1年間で新たに診断されるがんは、99万5千例に達する(平成28年)。それだけ多くの人が「まさか自分が…」と衝撃を受けているのが実情だ。体調はもちろん心まで落ち込んだときには、同じ病気の体験者のケースが支えになるかもしれない。専門家は「特に著名人が治療に臨む姿は影響力があり、参考になる」としている。(大家俊夫)

                   

 ■SKE48元メンバー・矢方美紀さん 声優になる夢かなえるため

 アイドルグループ、SKE48の元メンバー、矢方美紀(やかた・みき)さん(26)は昨年4月に乳がんの手術を受けた。今年2月に東京都内で開かれた「ネクストリボンプロジェクト」のがん啓発イベントに登場した後、産経新聞の取材に応じた。

 「乳がんが分かったときは『なぜ私が…』と絶望しました。今後の人生の方が長いことを考え、何とか立ち上がり、手術を受けることを決心した」

 がんの罹患(りかん)はタレント活動にはマイナスイメージになりかねず、できれば隠しておきたいものだ。若い女性でしかも有名人なら、なおさらだろう。ところが、矢方さんは左乳房の全摘手術を受けたことを発表した。

 抗がん剤の治療から逃げず、その影響で頭髪が脱毛してスキンヘッドになった様子をテレビで公表し、女性の友達には乳房切除後の上半身を見せたこともある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ