PR

ライフ ライフ

【酒蔵探訪】「地元に愛される酒を造り続ける」 茨城県常陸太田市・井坂酒造店

 井坂酒造店では、杜氏(とうじ)を雇わず井坂社長と統幸さん、そして地域の人たちが協力しながら酒を造っている。米のふかしや機械のセッティングなどは蔵の近くに住む男性3人が担い、ラベル貼りや出荷準備は約55年前から蔵で働いているというパートの女性が行っている。統幸さんは「地域の協力があって酒を造ることができる。これからも地元に愛される酒を造り続ける」と話す。

 今後は、蔵の近くにある満天の星空を楽しめる宿泊施設「プラトーさとみ」で星を見ながら日本酒を楽しむイベントの開催を企画しているという。統幸さんは「地元に恩返しができるように酒を通じて地域おこしに協力していきたい」と力を込めた。(水戸支局 丸山将)

 ■井坂酒造店 茨城県常陸太田市小中町187。常磐自動車道那珂(なか)インターチェンジから車で約50分。「紫しきぶ」と並ぶ看板商品の「日乃出鶴(ひのでつる)」はコクのある純米吟醸からすっきりとした本醸造まで幅広いラインアップをそろえている。問い合わせは(0294・82・2006)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ